ますます重要になってくる情報セキュリティ対策情報サイト

情報セキュリティ対策虎の巻

外出先から自宅にVPN接続 -Android 6.01

投稿日:

IO-DATAのルータに外出先から接続します。すでにVPNサーバが立ち上がっていることを前提の解説となっています。2重ルータになってない環境を前提に解説しています。環境によっては、この方法で接続できないことがあります。また、実施に関しては自己責任でお願いします。

ここの解説で使用しているIO-DATAのルータはWN-AC1600DGR3です。
また、Android端末としてNexus7(2013) Android6.01を使用して説明しています。

Andoroid 6.01 で外出先から自宅にVPN接続する

Android 6.01 Marshmallow のVPN設定

外出先で公共無線LANなどのネットワークに接続した状態で、設定画面を開きます。

設定画面を開きましたら、「もっと見る」をタップします。
vpn-android6-2

もっと見るの画面が開きますので、「VPN」をタップします。
vpn-android6-3

VPNの画面がひらきますので「+」をタップします。
vpn-android6-4

認証情報ストレージを使用するには、画面ロックのPINまたはパスワードを設定する必要があります。とのメッセージが出た場合

もし、認証情報ストレージを使用するには、画面ロックのPINまたはパスワードを設定する必要があります。とのメッセージが出た場合は、OKをタップします。でなければ、ここの手順はスキップして下さい。
vpn-android6-5

ロック解除の方法の選択の画面が表示されますので、設定を行って下さい。Android6.01の場合は「パターン」「PIN」「パスワード」の3つのうちどれが1つを設定していれば問題ありません。設定ができましたら、再度「設定」→「もっとみる」→「VPN」→「+」をタップと進んで下さい。
vpn-android6-6

Android 6.01 のVPN設定(続き)

VPNプロファイルの編集画面が開きます。
名前:任意の名前を入力します。
タイプ:PPTPを選択します。
サーバーアドレス:ルータに設定したダイナミックDNSを入力します。
※iobb.netで登録した場合は、xxxx.iobb.netの形式になります。(xxxxは設定したID)
vpn-android6-7

任意の名前で設定されたプロファイルができますので、タップします。
vpn-android6-8

ルータのPPTP(VPNサーバ)の設定で決めたユーザ名とパスワードを入力し「接続」をタップします。
vpn-android6-9

「接続されました」となればVPN接続が完了です。画面の上にvpn-android6-keyマークが表示されていれば、VPN接続中です。これで、インターネット上に流れるデータは暗号化された状態で自宅を経由することになりますので、悪意のある公衆無線LANに接続してしまったとしても、データを容易に覗き見ることができなくなります。
vpn-android6-10

通知に「ネットワークが監視されている可能性があります」と表示

Android6.01では、通知に「ネットワークが監視されている可能性があります」と表示されますが、自分が自宅のVPNに接続した結果のvpn-android6-keyであれば問題ありません。VPN接続とは任意のサーバ(ここでは自宅に立てたIO-DATAのルータ)を経由したインターネット接続になります。悪意のあるVPNサーバに接続してしまうと、逆にそこからデータを盗み見たり監視したりすることができますので、このような警告メッセージが表示されます。
vpn-android6-11

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-IO-DATA, VPN
-

Copyright© 情報セキュリティ対策虎の巻 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.